姫路で働く農家の人たちの声 - 姫路で丹精をこめてつくられる農作物への思い

【兼田地区】

【兼田地区】
姫路市軟弱野菜研究会 岡本富博 会長

岡本会長は22棟ものハウスを所有し、様々な葉物野菜(ほうれん草、小松菜、水菜、春菊、しろな等)を栽培しています。

「こだわり姫そだち」ブランドとして、安全・安心にこだわって作った姫路市近郊の農産物を出荷しています。葉物野菜は、ミネラル豊富ですので新鮮でおいしい地場の「姫そだち」をぜひご賞味ください。

相場で値段が変わるものなので、一品目だけ集中して栽培すると作業や管理の手間は減るが、リスク分散上、色々な品目を浅く広く出荷しています。適正な価格を形成する市場として、良い物は有利に販売する責任を感じます。

台風で土壌が灌水したときには、菌が入ってしまって駄目になったそうです。一から土づくりから始め、種をまき直して栽培したそうです。
こだわりのある農業をやり続けている、プロフェショナルの横顔を感じました。